Off

交通事故を未然に防止するために知っておきたい知識3選!

by admin on 2015年4月24日

制限速度を意識してない人が多い?

自動車を運転する際、ついついスピードを出しすぎてしまうことを経験した方も大勢いるのではないでしょうか?道路には制限速度が設けられていて、何も標識がないところは60km/hですが、きちんと制限速度があるところはそれに従いましょう。「人の気配がしないから大丈夫」とか「制限速度+10km/hぐらい捕まらない」とかは危険です。よく制限速度は左側の通常車線のもので、追い越し車線は一時的にそれ以上出してもいいと勘違いしてる人がいますが、これは間違いです。追い越し車線の自動車も速度制限を守る必要があるので、気をつけてください。

夜光反射材を身につけましょう!

特に、歩行者との接触事故で多いのが夜間の交通事故です。歩行者は、自動車側には「自分の姿は見えていて避けてくれるだろう」、「減速してくれるだろう」と思い込みがちです。自動車側は思ってるより歩行者が見えてない場合が多いです!特にライトで照らしてるため、暗い服を着てる場合はしっかり目視することは困難になります。そこで歩行者は夜光反射材を身につけて自動車に自分の存在をアピールしましょう。間違っても暗い服をきて道路を横断しようなどとはしないでください。

シートベルトの着用が絶対な理由って?

最近シートベルトの着用に関して取り締まりなどが厳しくなってますよね。それは当然で、シートベルトは交通事故のときにあなたの命を守ってうれるものだからなんです!交通事故の衝突時、成人男性の手足が支えられる荷重は体重の2~3倍だと言われています。これは自動車が時速7km/hで走って衝突した場合にかかる荷重と一緒なんです。つまりシートベルトなしではとても支えきれないレベルの衝撃ということになります。子供がいる場合にはチャイルドシートの着用は絶対ですし、近場であってもしっかりシートベルトの着用は怠ることがないようにしましょう。

交通事故の弁護士は安心して頼る事が出来ます。交通事故を専門に取り扱っている弁護士ですので、とても経験が多い特徴がある弁護士です。専門的な知識と豊富な経験によって、有利な展開に持ち込む事が出来る場合が多くあります。

Comments are closed.