Off

名前の意味を聞かれたら?答えられるようにしておこう

by admin on 2015年8月1日

小学校に上がると名前の意味を聞かれます

小学校などに上がると、授業で「自分の名前の意味を両親に聞いてきましょう」などという宿題が出たりします。こういうときにはっきりと答えられる名前というのはやはりすばらしいものです。心が大きく、広い子になるように「広子」とか、海の向こうまで活躍できるように「洋一」などという明確でシンプルな意味があると、気持ちがいいですよね。子どもも納得するでしょうし、回りの他人も「なるほど」と思ってくれることでしょう。

良い意味を持つ漢字を使おう

なので子どもの名付けには、良い意味を説明できる漢字を使ってあげたいものですよね。シンプルでスタンダードな名前は、最近ではしばしば「個性がない」「古くさい」などと言われることもあるようですが、スタンダードになるだけの、しっかりした由来や意味がある名前だとも言えます。目新しい名前をつけたら、あとで漢字に悪い意味があったりしてがっかり、などということにもなりかねません。まずはスタンダードな名前を候補に挙げたいものです。

謙虚さも忘れないように

良い意味を持つ名前、といってもあまり傲慢すぎるものはよくないでしょう。この世のすべてを手に入れるように「神」「王」などと安易につけてしまうと、子どもに説明するときに困ります。恥ずかしい名前を気の迷いでつけないよう、中学生くらいになった我が子に「僕の名前はどういう意味を込めてつけたの?」と聞かれた時のことを想像してみましょう。そのときにハッキリ答えられて、子どもが笑顔になってくれるような名前をつけたいものですね。

姓名判断は名前の字画数などでその人の運命や性格を見ることができます。そのため生まれた赤ちゃんの名前をつける時などに役立ちます。

Comments are closed.